医療みらい創生機構が目指すもの

2030年に日本最大の産業となる医療を基軸にあらゆる産業が連携し合って築き上げる
「よく生きて、よく死ぬ社会」。それが医療みらい創生機構が目指すものです。

活 動 理 念

崩れつつある日本社会の立て直しを「新しい医療(総合生活産業)」を基軸に行う。

活 動 目 的



「総合生活産業」として医療が持つ機能を拡大し、農業や製造業、教育など他産業も含めたネットワークの構築、コラボレーションから生まれるビジネスを支援します。



「総合生活産業」としての医療を基軸とし全国各地の「志ある」企業の優れた技術や人材を活かした事業拡大を支援する。さらに、地方ごとの先駆的な取り組みの発展に資する。

「総合生活産業」を基軸として生まれた「ビジネスモデル」や「地域モデル」を日本国内のみならず、海外へ普及させ国際社会の発展に資する。

医療みらい創生機構の体制

・「経済による地方分権」をキーワードに、全国各地の先駆的なプロジェクトが「総合生活産業」を基軸に発展・拡大
  するため、各地にて地方部会の運営を行います。
・各地域での先駆事例同士をつなげ、さらに大きなイノベーションを起こすよう、テーマ別部会の運営を行います。
・理事会では、部会の設立や新規プロジェクトの承認を行い、各部会の運営支援を行います。

発足後の活動イメージ

事 業 内 容

1)医療の「総合生活産業」化による社会課題解決を進めるためのビジネスモデル開発、またその支援
2)総合生活産業領域における地域課題解決、まちづくり(地域経済活性化)事業、またその支援
3)総合生活産業をツールとした社会課題解決を進めるために必要な普及、啓発、交流を行う事業
4)総合生活産業領域におけるネットワーク構築事業
5)総合生活産業をツールとした社会課題解決を必要とする社会課題の収集を行う事業
6)総合生活産業をツールとした社会課題解決を進めるために必要な情報収集・発信を行う事業
7)上記に伴う、調査研究事業・コンサルティング事業・受託事業
8)社会課題解決を進めるために必要な政策提言を行う事業
9)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業